【金欠習慣!?】お金がすぐなくなるのは使い方が下手だから

お金がすぐになくなってしまう人は知らぬ間に“金欠習慣“をしている証拠です。
金欠習慣とは、負債の返済のためにさらに借金をしたり、支払いを滞納したり、長期の休みや手空き時間を何もせずに過ごしたり、暇な時間や少しでもお金が手に入るとギャンブルに使いこんだり、貯金について一切考えず今の生活だけを見ていたり、お金を使う生活から抜け出せなかったりです。
こうした行動によりお金がすぐになくなっています。
金欠習慣に気が付いている人は少なく、「なんでこんなにお金がないんだろ?」と思っている人が非常に多いです。
お金がすぐなくなるということは当たり前のことながら“あなたが使っているから“です。
お金の使い方が下手なことによってお給料が入ったり、臨時収入があってもすぐにお金がなくなってしまいます。
これ以上金欠にならないためにも今の生活をしっかりと見直すことが大切です。
見直しても金欠習慣に気が付けない場合は数か月後、数年後にもっと金欠な状態・生活になっていると思った方が良いでしょう。